美肌の大敵は紫外線だけではない

af9920062135w-300x225美肌を作るためには紫外線を浴びないほうが良いというのは、当たり前の認識になっています。

ですが思わぬところに肌の老化を促進する光がありました。

それはスマートフォンやパソコンなどから発せられるブルーライトです。

ブルーライトが目から入ると肌が老化し、たるみやシミの原因となるらしいのです。

その話を聞いてからは、ブルーライトカットアプリをインストールしたり、ブルーライトカットメガネをつけてから、スマホやパソコンを使うようなりました。

紫外線は肌に直接あたることによる悪影響だけではなく、目から入ることによっても肌を老化させると言われていますが、それと同じことなのだなと思いました。

まさか家でパソコンを使うときでも、外出時と同じようにサングラスをかけるようになるとは思いませんでした。

スマホを使う時間は減らすことができないので、美肌のためには気をつけていくしかないのかなと思います。

また、夜寝る前にブルーライトを浴びてしまうと寝付きが悪くなり、熟睡できない可能性があるそうです。

睡眠の質が低下することは、美容にとって大敵です。

ベッドに入ったら、もうスマホはいじらないほうが良いのかもしれません。

電車などでは、うつむきながらスマホを使うことが多いですが、これも良くないそうです。

首にシワができたり、猫背の原因となったり、顔や体に悪影響が出るそうです。

少しおかしいかもしれませんが、スマホはまっすぐ前を見るようにして使うと良いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です